<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0079474_20184642.jpg
皆様こんにちは。リハビリトレーナーの恵理ちゃんです♪最近色んな患者さんから「エリちゃんのブログおもしろい!!」と褒められて、調子に乗ってる恵理ちゃんです!!
 でも、カメラを前にすると恥ずかしくて変顔になっちゃう恵理ちゃんです。本物はもっと綺麗!!のはず・・・・・・・・


 まぁ自己紹介はこのくらいにして、さてさて皆様お気づきだと思いますが、恵理ちゃんにしては題名がシビアな感じがすると思いませんか?

 なぜそんなにシビアな感じなの??・・・・・・・って?


 それは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 a0079474_20214488.jpg
 あぁ(゜Д゜)右側なんかとってもぶさいく(´Д`) 一応『だっちゅーの』気分で寄せてみてるんですけど・・・・もしかして、あんまり目立ってない?
 私の顔がぶさいくってのと、寄せてるはずが目立っていないってのは、まぁ良いとして私の横にいる看護士のゆかちゃんが今月いっぱいで退職なんです(涙)


 寂しーーーーーよーーーーーー(;´Д`;)


 ゆかちゃんがいるだけで、明るい病院だったのにーーーーーーー(;´Д`;)


 ゆかちゃんとあんな事やこんな事まで色んな話をしてたのにーーーーーーー(;´Д`;)     
                            話の内容はそりゃー秘密ですけどね(笑) 


 寂しーなぁ・・・・でも、ゆかちゃんには新しい道で頑張ってもらいたいと、心から思っています(^∀^)Ъ

 
a0079474_20414413.jpg

 ちなみにこの写真は、
エリ『ゆかちゃん写真とろーよー!』
ゆか「えーーとらなくていいよーー」
エリ『セルフタイマーセットしたよ!!10・・・9・・・・・8・・・・・7・・・・・・2・・・・・・』

乗り気じゃなかったゆかちゃんや、周りにいた受付の荒川さんとなぎさが皆バタバタっと集まって

パシャッ


 ピースまでして・・・・・・・     ノリノリじゃん(笑)


 そしていつまでも明るいゆかちゃんでいてね!! 

頑張れゆかちゃん!!
[PR]
by seiseninfo | 2007-07-30 20:58
 去る7月11日(水)と7月25日(水)に、NPO法人FINEで、膝痛予防セミナーを開催しました。
 1回目は座学中心と言うことで、膝痛が起こる原因の解説を中心に、
 2回目は、実践編、運動中心と言うことで、膝痛を起こる原因をふまえて、簡単にできる体操を行いました。
 
a0079474_17212177.jpg

 今まで1時間でやっていた内容を2回に分けたのですが、時間に余裕がある分、丁寧な説明、指導ができたのではないかと思います。

 8月のセミナーは腰痛セミナー。2時間の内容になります。ぜひぜひご参加ください!

8月のセミナーの詳細はこちら→NPO法人FINE
[PR]
こんにちは。事務の永田です。

 清泉クリニックは今年の6月2日で1周年を迎えました。と、いうことで、その記念として、職員とその家族でバーベキューをしましたのでそのご報告。

 先に買い出しを済ませておいて、夕方5時頃から準備をはじめ…



a0079474_11322555.jpg

               焼く!!
                 注:二人ともクリニックの職員です。



当日焼いてたお肉。
a0079474_11331533.jpg

ほんとに柔らかくてうまかった!

おいしいモノを食べて鋭気を養ったところで、今年も一年がんばりますので、よろしくお願いします!
[PR]
by seiseninfo | 2007-07-21 11:39
b0037682_16265737.jpg 本書はある意味奇書である。

 まずは、最初奇異に思ったのが奥付。評者の場合、いつ出版されたものかとか、著者略歴だとか、書き下ろしか否かとか、そういったものを最初で念頭に入れて読み始める癖がついているので、まずそこをチェックするのだが・・・著者略歴:漆原糾・矢倉俊太郎・・・え?久坂部羊じゃなかったけと見直す。あ、カバーはやっぱりそう・・・久坂部羊(くさかべよう):大阪府生まれ。大阪大学医学部卒業。医師。本書『廃用身』がデビュー作って書いてある。ん?漆原糾って人は、略歴に自死って書いてあって、矢倉俊太郎って人は本書出版のために出版社を替わっている・・・ってことは、この久坂部羊ってのは、矢倉って人が共著のためのペンネームを使ってのことなの???なんて思いながら読み始めた評者。

 次に奇異に思ったのが、まえがきの日付。「2002年 月 日 著者」って、これって何か間違い?なんで日付ないの?だから著者って誰?と思いながらも、やはりほっといて本編に入る評者。

 えっ!これってノンフィクションだったんだ!!!知らんかった!!!っていうか、なんも中身知らずに読み始めてはいるんだけどさ。ふむふむ。例えば、脳溢血とかで倒れて、体のある部分が動かなくなって、医学的にみて恢復の見込みがない場合、その部位を廃用身て呼ぶわけね、ふ~ん。さて、想像してみよう。評者が60歳のとき、いきなり脳溢血。幸いにも一命は取り留めたものの、両脚と左腕は不随になってしまう。いくらリハビリしても、廃用身なのだから何の意味もない。家族の介護がないと動けない。自分で車椅子も乗れない。多分、大震災でも遭遇したら、自分は逃げられないだろう。家族にも俺を置いて逃げろというだろう。というか、もう相当に自分の介護に疲れた家族は、何も言わなくとも逃げ出すかな?で、ここで医者である著者が紹介しているように、その廃用身を手術で切断したらどうだろう?鍛えれば移動できるようになるのか?残った右手と、下肢の残存部分を使って・・・。そういう、これまでは思いつかなかったような、廃用身切断という方法で患者や家族に喜ばれて、しかし世間にはその手法を断罪され続けてきた、医師の遺稿も、全体の半分で終わる。

 そして、この医師の遺稿の出版にあわせ、後半は、なるほど、共著のもう1人矢倉氏の文章が続く。なぜ、医師は自死に至ったのか。マスコミを騒がせた事件の真相とは。ふ~ん、そういう本なんだと思っていると・・・。

 奇書である。奥付に二つの、それも相容れない出版日付が記載されているのに気付かなければ・・・そこから普通の本の構成を想起しなかれば・・・。奇書は大袈裟かな(^.^)問題の書である。

 しかし、本書前半部分に書かれている老人虐待の実情は、満更大袈裟ではないだろう。評者のからだの三肢が不随になって、痴呆で家族を詰り、唾を飛ばし、狙ったように食べ物に糞尿を垂れれば、家族の対応もどうなることかわからない。今はまだ見ぬ孫に、“じいちゃん、早く死
ね!”とか言われ、竹刀みたいので叩かれたりするのかなあ?哀しいなあ。

 老人介護の赤裸々な現実とか、四肢切断の手術の描写とか、そういうのが元々好きじゃないという方にはお薦めしないが、そうでない方は、是非読むべし。知識系としても小説系としても。
[PR]
by seiseninfo | 2007-07-19 16:06

リハビリスタッフで伊東に行って来ました。
もちろん遊びではなく、お仕事ですよ~。

リハビリテーション研究会の学術大会に参加して来ました。
当クリニックからは、嵩下さんが代表して研究発表をしてきました。
普段、院内では見れない真面目な雰囲気・・・
a0079474_18592917.jpg

ちょっと緊張気味の嵩下さんです。その緊張がカメラマンの尾崎さんにも伝わったのか・・・
写真のピントがブレてる・・・(;‗;)



小さい頃テレビのCMで聞いたことのある
「伊東に行くなら♪ハ・ト・ヤ♪  ハトヤに決めた!」のハトヤホテル宴会場にて。
ご飯が美味しいと好評の宴会中の模様です。
スタッフ一同 ジンベエを身にまとい、すっかり夏気分。
a0079474_1924810.jpg

今回の学術大会の準備委員として、皆がんばってました。
おつかれさまで~す☆☆
[PR]
by seiseninfo | 2007-07-09 19:07